ビットコイン取引所「coincheck」のAPIをC#から実行してみた!

スポンサーリンク

シェアする

前回の投稿で、「Zaif」のAPIを紹介しました。
今回はビットコイン取引所「coincheck」のAPIをC#で実装したサンプルを紹介します!

他の取引所のAPIについてはコチラ

コード

取引所と通信する基本部のコード

秘密キーによる署名と、HTTPによる応答を行うメソッドをC#で実装したものです。取引所サイトにHTTPでリクエストして、レスポンスとしてJSON形式のテキストを受け取ります。

/// <summary>coincheck取引所のAPIを実行します。
/// </summary>
/// <param name="http">取引所と通信する HttpClient。</param>
/// <param name="path">APIの通信URL(取引所サイトからの相対)。</param>
/// <param name="apiKey">APIキー。</param>
/// <param name="secret">秘密キー。</param>
/// <param name="method">APIのメソッド名。</param>
/// <param name="parameters">APIのパラメータのリスト(Key:パラメータ名, Value:パラメータの値)。</param>
/// <returns>レスポンスとして返されるJSON形式の文字列。</returns>
internal async Task<string> Send(HttpClient http, Uri path, string apiKey, string secret, string method, Dictionary<string, string> parameters = null)
{
    if (parameters == null)
        parameters = new Dictionary<string, string>();

    // パラメータ文字列を作成
    var content = new FormUrlEncodedContent(parameters);
    string param = await content.ReadAsStringAsync();

    // nonceにunixtimeを用いる
    string nonce = DateTimeOffset.UtcNow.ToUnixTimeMilliseconds().ToString();

    // POSTするメッセージを作成
    var uri = new Uri(http.BaseAddress, path);
    string message = nonce + uri.ToString() + param;

    // メッセージをHMACSHA256で署名
    byte[] hash = new HMACSHA256(Encoding.UTF8.GetBytes(secret)).ComputeHash(Encoding.UTF8.GetBytes(message));
    string sign = BitConverter.ToString(hash).ToLower().Replace("-", "");//バイト配列をを16進文字列へ

    // HTTPヘッダをセット
    http.DefaultRequestHeaders.Clear();
    http.DefaultRequestHeaders.Add("ACCESS-KEY", apiKey);
    http.DefaultRequestHeaders.Add("ACCESS-NONCE", nonce);
    http.DefaultRequestHeaders.Add("ACCESS-SIGNATURE", sign);

    // 送信
    HttpResponseMessage res;
    if (method == "POST")
    {
        res = await http.PostAsync(path, content);
    }
    else if (method == "GET")
    {
        res = await http.GetAsync(path);
    }
    else
    {
        throw new ArgumentException("method は POST か GET を指定してください。", method);
    }

    //返答内容を取得
    string text = await res.Content.ReadAsStringAsync();

    //通信上の失敗
    if (!res.IsSuccessStatusCode)
        return "";

    return text;
}

使用例

先に紹介した通信メソッドの使用例です。コード内のAPIキー(apiKey)と秘密キー(secret)は取引所から取得したものに置き換えてください。

板情報を取得する

//coincheck取引所にアクセスする HttpClient
HttpClient http = new HttpClient();
http.BaseAddress = new Uri("https://coincheck.com");

//板情報を取得
Uri path = new Uri("/api/order_books", UriKind.Relative);//APIの通信URL
string apiKey = "XXXXX";//APIキー        
string secret = "XXXXX";//秘密キー
string method = "GET";//APIメソッド
string json = await Send(http, path, apiKey, secret, method);

資産を取得する

//coincheck取引所にアクセスする HttpClient
HttpClient http = new HttpClient();
http.BaseAddress = new Uri("https://coincheck.com");

//資産残高取得
Uri path = new Uri("/api/accounts/balance", UriKind.Relative);//APIの通信URL
string apiKey = "XXXXX";//APIキー        
string secret = "XXXXX";//秘密キー
string method = "GET";//APIメソッド
string json = await Send(Http, path, apiKey, secret, method);

買い注文を出す

//coincheck取引所にアクセスする HttpClient
HttpClient http = new HttpClient();
http.BaseAddress = new Uri("https://coincheck.com");

//パラメータ
var param = new Dictionary<string, string>
{
    { "pair", "btc_jpy" },//取引する通貨の種類
    { "order_type", "buy" },//注文の売買の種類(買い:buy, 売り:sell)
    { "rate", "100000" },//ビットコインのレート
    { "amount", "0.01" },//ビットコインの注文量
};

//買い注文を出す
Uri path = new Uri("/api/exchange/orders", UriKind.Relative);//APIの通信URL
string apiKey = "XXXXX";//APIキー        
string secret = "XXXXX";//秘密キー
string method = "POST";//APIメソッド
string json = await Send(http, path, apiKey, secret, method, param);

まとめ

こちがcoincheckのAPIのヘルプです。APIキーの取得についても書かれています。
https://coincheck.com/ja/documents/exchange/api

他の取引所のAPIについてはコチラ

スポンサーリンク

フォローする