ビットコインのボット作成(その6)~ 長期トレンドを売買の参考に

スポンサーリンク

シェアする

前回の投稿では、ロジックに「レンジ相場で売買をしない」という戦略を取り入れました。値今回は、「売るか」「買うか」の判断材料に、長期的なトレンドも取り入れてみたいと思います。

安く買って高く売る

長期MAは平均的な価格を指しているので、価格が長期MAより上にあれば、平均より高い価格が付いており、下にあれば、平均より安い価格が付けられているとも言えます。

基本的に、安く買って高く売ればよいのですから、売買の条件を次のようにしてみました。

短期MAと中期MAのゴールデンクロス かつ 長期MAより価格が下のとき買い
短期MAと中期MAのデッドクロス かつ 長期MAより価格が上のとき売り

仮想取引の結果は?

仮想取引の結果です。簡単な改良でしたが、前回の評価と比較するとかなり収益は増えました。

買いポイント数:6
売りポイント数:3
手数料:0.00%
売り収益ポイント数:2
最大購入コイン数:4
総収益:2430円

↓↓手数料ありでプラスになったのは初めてです。

手数料:0.15%
売り収益ポイント数:1
最大購入コイン数:4
総収益:250円

24時間分のチャートです。赤い□が買い、緑の△が売りです。けっこう、「安く買って高く売る」が出来てると思いませんか?(手前味噌かな…)

さて、そろそろ実戦で使ってみようかな・・・なんて思ってます。

スポンサーリンク

フォローする