シングルレバー式シャワー付混合栓[FB277GK8]のカートリッジ交換

スポンサーリンク

シェアする

台所の蛇口のレバーの動きが悪くなってきて、変な音が鳴るようになったので、自分で修理しました。写真の蛇口はKVKのシングルレバー式シャワー付混合栓です。「カートリッジ」という部品を交換すれば治りますよ。

「カートリッジ」の型番を調べる

混合栓の後ろに「FB277」と書かれたシールが貼ってありました。ググってみると、KVKのFB277GK8という水栓であることがわかりました。

「水栓」というリンクを見ると、分解図が見れます。分解図の3番がカートリッジで、型番は「 KPS027H-E 」である事がわかりました。

アマゾンでカートリッジが売ってたので購入。次の日に届きました。

カートリッジの交換をしよう!

まずは元栓を閉める

まずは準備として元栓を締めておきます。ドライバーで回すタイプです。回し始めはかなり固いです。完全に閉まるまで何回転したかメモを取っておきましょう。

「シングル混合栓」の分解

分解の仕方は、水栓の分解図をよく見ればわかります。まずはレバーのプラスチック部分を細いマイナスドライバーでこじ開けます。すると、中にネジが見えるのでプラスドライバーで外します。これでレバーが外れます。

レバーの下にあるナットを、 ウォーターポンププライヤー で掴んで回します。なかなか固く、本体はも一緒に回りそうなので、本体を手で支えながら回します。難しいですが、少し回れば、後は手で回せます。

次にカートリッジを外します。固着してなかなか外せず、カートリッジが壊れてしまいました。最終的にはラジオペンチでグリグリやって外しました。ゴムパッキンも忘れずに取り出します。

新しいカートリッジを入れます。向きを確認して、少し力を入れて上から押し込みます。 あとは、外したものを逆順に取り付けていきます。

まとめ

カートリッジがなかなか外れず苦戦しましたが、交換自体は30分程で完了です。10年以上前の水栓ですが、カートリッジは売ってるんですね(4000円弱)。水道屋さんに頼むと高くつくので、自前で交換できてよかったです。

ウォーターポンププライヤー を持ってる方は少ないかもしれません。僕が使ってるのは1000円しない安物ですが、十分使えますよ。