IKEAのダイニングチェア LEIFARNE の脚パイプを切って座面を低くする方法

スポンサーリンク

シェアする

IKEAのダイニングチェア LEIFARNE を購入して、しばらく使ってみると、ちょっと座面が高いかな…と思えてきました。
脚パイプを切断すれば何とかなるのではないかと思い、強行してみました。

手順

今回は5cm切断します。メジャーで測って目印を付けます。

切断にはパイプカッターを使います。パイプカッターは1000円くらいで買ったモノです。後ろのネジを少し締めてはパイプの周りを一回転、締めては一回転を根気よく何度も繰り返すと、パイプを切断できます。

キャップが付いてる方のパイプの内側を覗いた所です。裏から押せば、脚のキャップが抜けそうな感じです。

キャップを抜くために、裏から突っ込んだ「割り箸」を地面に叩きつけます。ガツンガツン叩きつけてるうちに、とうとう抜けました。簡単には抜けません。根気よく続けてください。

脚パイプの切断面は、内側にバリが出ているのでヤスリで削ります。半丸ヤスリが使いやすくて良いと思います。バリがあると脚キャップを打ち込む時に苦労します。ここで十分にバリを取っておいて下さい。

抜き取った脚キャップを切断した脚パイプに打ち込みます。ゴムハンマーやプラスチックハンマーで打ち込みます。バリが十分にとれていれば、そこそこの強さで何回か叩けば入ります。ここでキャップを破損しては元も子もありませんので慎重に。

左が脚パイプを5cmカットして座面を下げた椅子です。右が元の高さの椅子です。並べると違いが判りますね。

なお、この椅子のフェルトキャップはワイドフェルトキャップスリムSサイズがおススメです。ちょっとキツめで、絶対抜けません。

スポンサーリンク

フォローする