スポンサーリンク

WordPressのパーマリンク設定でSEO対策

パーマネントリンク-アイキャッチ ブログTips

パーマリンクは英語でPermalinkと表記します。恒久・不変を意味するpermanentとlinkを組み合わせた造語で、ブログの投稿ページに割り当てられた、恒久的なURLを指します。

WordPressのデフォルトのパーマリンクはSEO的に不利な形式で、あまりよくありません。以降の記事で、最適なパーマリンクの設定方法を紹介していますので、参考にしてください。

SEO的に良いパーマリンクとは?

URLは無意味な記号の羅列より、URLの文字を見た人が、リンク先の内容を推測できるのが理想です。これは検索ンジンにとっても言えることで、意味を含むURLはSEO的に有利です。ブログの投稿ページのURLなら、次の2パターンが考えられます。

  1. ドメイン/カテゴリー/記事タイトル
  2. ドメイン/記事タイトル

1の方がより多くの情報を整理した形で含むので良いのですが、記事が増えるとカテゴリーは細分化する可能性もあります。URLは恒久的でなければならないので、2の形のほうが良いと思います。

WordPressのパーマリンクを最適化する

WordPressでは、投稿ページのURLは自動的に割り当てられます。
ダッシュボードの[設定]→[パーマリンク設定]で、投稿ページのURLの形式を指定できます。デフォルトでは[基本]になっています。
パーマリンク設定

[基本]にすると、投稿ページのURLは次のようになります。”?p=59”の部分は投稿内容を示す文字にしたいところですが、[基本]ではURLを変更することができません。

http://kokenji.net/?p=59

[投稿名]にすると、URLは次のようになります。[投稿名]ではURLの”post-59″の部分を編集することができます。

http://kokenji.net/post-59

URLの編集は[投稿の編集]の画面で行います。”post-59″の部分をページの投稿内容を示す英語に置き換えます。例えば、このページなら”wordpress-permalink”とかにします。
パーマリンクの編集

このように、パーマリンクの最適化は、投稿ページのURLを編集しますので、できれば、ブログを開設初期に行う方が良いです。

タイトルとURLをコピーしました