格安ミニPC「XCY Intel Core I5-4210Y」を購入(その1)~中身全部見せます

スポンサーリンク

シェアする

XCY社のミニPC「 Intel Core I5-4210Y 」は低価格で高スペックです。だけど安すぎて何だか怪しげではあります。どうしても気になったので購入してみました。隅々までレビューしたいと思います!

まずは購入、なんと VESAマウンタ付き!

XCY社のミニPC「 Intel Core I5-4210Y 」をAmazonにて30,980円で注文。次の日に届きました!スペックは下記リンクを見てください。

梱包はマトモです。もっと雑な梱包を覚悟していました。

下記のものが付属品です。 なんとESAマウンタが付いていました。うれしい誤算です。

  • PC本体
  • アンテナ2本
  • 電源ケーブル
  • 電源パック
  • VESAマウンタとねじ類

取説らしきモノが入ってますが、内容から得るものはほぼありません。

とりあえずPCの電源を入れてみた

このPC、噂だとウイルス入りWin10がインストール済みとか(プリインストールではなく)。とりあえず電源を入れてみます。

爆速でWin10(64bit)が立ち上がり自動サインイン、デスクトップはこんな感じです。「01」というテキトーな名前のユーザーが設定済みです。

ワークグループもパソコン名もテキトーな名前が設定済み。メモリやCPUのスペックは販売ページの仕様通り。Win10のライセンスは別途用意する必要があります。

Win10のライセンスはこちらが安いです。僕は Win10 Pro のライセンスを1980円で購入しました。ちゃんとライセンス認証されましたよ。

64Gのドライブは2つのパーティションに分けられていて、ドライブ名は中国語で設定されています。

参考までに、CristalDiskMark(5.1.2 x64)でストレージのベンチマークを測定してみました。

Defenderを立ち上げると、ウイルス検出済み。噂は本当でした。OSはクリーンインストールした方がいいですね。

なお、BIOSは、American Megatrends Inc. 製です (通称 AMIBIOS) 。起動時DELキーで入れます。

VESAマウントしてみた

せっかくVESAマウント用の金具が付属しているので、使ってみたいと思います。

PCの底にマウンタ用のネジを取り付けた所です。ケースの底蓋はアルミ製なので強くねじ込むとナメてしまうので、気を付けましょう。(僕はこの写真をの後1つナメてしまいました)。

金具の裏側の穴の淵はエッジが立っているというか、バリが出ているので、面取りをする感じでヤスリを掛ける方がいいです。これをしないと、一度マウントしたPCを外すのに苦労します。

23.8インチのディスプレイに金具を取り付けて、ミニPCを背負わせてみました。

モニターは「I-O DATA 23.8型 EX-LD2381DB」です。HDMIケーブルは50cmがちょうどいいです。

ちなみに、このモニターは3年保証です。

ケースの中を開けてみた

ケースの裏蓋のネジを4つ外せば、蓋は外せるのですが、ピッタリはまっているので、なかなか外せません。そういう時は、パネルのネジを緩めてみてください。隙間ができて外しやすくなります。

ケースの底蓋を開けて見たところです。

無線LANカードは「Intel Centrino Advanced-N 6205」。2.4GHz/5GHz 802.11a/b/g/nです。

メモリは「DDR3L PC3L-12800」の4GBです。

内臓ストレージはmSATA64G。

よく見るとSATAコネクタがあります。そばにSSDの電源用のと思われる2PINのコネクタがあります。電圧を図ると5Vでした。

5Vが供給されれば2.5インチSSDを駆動できます。

次回は2.5インチSSDの増設をしてみます!

スポンサーリンク

フォローする