シャワーの根本の水漏れを自分で修理してみた~エルボの交換~

スポンサーリンク

シェアする

elbow1


シャワーを使ってるとき、ホースの根元の金具のところから、ピューッと水が漏れるようになりました。
この金具、エルボと言うんです。知ってました?

ここが水漏れしている方、修理を依頼する前に、この記事を見てください!

エルボのタイプは2種類

冒頭の写真のシャワー水栓はTOTOです。
ググってみたところ、TOTOのエルボは基本的に、カギ爪式のTHY730と、ねじ込み式のTH730-1の2種類と考えていいみたいです。

値段は1000円前後です。

問題は、どちらのエルボなのかという事ですよね!
次に、その見分け方をお教えします。

エルボを外してタイプを調べる

エルボのタイプを知るには、エルボを外してみるのが確実です。

まずはホースを外します。ボルトを回す方向に注意してください。
写真では工具を使いましたが、いったん回ると、手で回して外せます。
elbow3

ホースを外すとエルボが回せます。
e3lbow4

90°回すと外れました。このエルボはカギ爪式です!
elbow2

エルボのタイプが分かればコッチのものです

エルボのタイプが分かったらネットで注文しましょう。

新しいエルボが届くまで、シャワー無しというわけにいかないので、外したエルボをまた取り付けておきます。
外す時とは逆の手順で取り付けます。シャワー水栓にエルボを取り付けてから、シャワーホースを取り付けます。

シャワーホースのボルトは手で絞める程度でいいですからね!

交換してみて分かった事

エルボを交換するときに、折れ癖がついたシャワーホースも交換しました。
するとシャワーの勢いが倍くらいになりました。

もしかすると、エルボが劣化したのではなく、ホースが折れた事で水圧が上がって、エルボから水が漏れてたのかもしれません。まぁ、8年くらい使ってるから、エルボもホースも交換した方が良かったんだと、自分に言い聞かせています。

シャワーの勢いが弱くなって、エルボの水漏れがある方は、ホース交換で直るかもしれませんね。
交換して半年ほどたちますが、もちろん快調ですよ!

スポンサーリンク

フォローする