スポンサーリンク

電動工具メーカー マキタの充電式クリーナーは実用性で勝負!

使用レビュー

マキタの充電式クリーナー CL070D を2014年に購入しました。使用して3年目、本当に買ってよかったと思う商品なので紹介します。新幹線の掃除にも使われているだけあって、メインの掃除機として使える充電式クリーナーですよ。

CL070DS…クリーナー本体と、バッテリー、充電器のセット
CL070DZ…クリーナーだけ。バッテリーと充電器は付かない。

電動工具メーカーのクリーナー

マキタの充電式クリーナーは、充電池のサイズに合わせて、7.2V、10.8V、14.4V、18V用があります。

マキタはドリルなどの電動工具を作っているメーカーです。
充電池はマキタの電動工具と共通で使えます。それゆえに、本体と充電器が別で、本体から充電池を外して充電します。

makita-cl070d-3

makita-cl070d-4

僕が購入した CL070D は7.2Vなので、最も非力なタイプなのですが、その吸引力は、今まで使ってきたどの充電式クリーナーより強力でした。フローリングの掃除なら十分と感じています。

クリーナー本体と、バッテリー/充電器のセットでは型番が違いますので、購入時には注意して下さい。間違って本体だけ買ってしまい、後からバッテリーと充電器を買い足すと高<なってしまいます。下の商品リンク「CL070DS」は、クリーナー本体と、バッテリー/充電器がセットになっている物です。

下の商品リンク「CL070DZ」はクリーナーだけです。

電池の持ちは良いです。
いつも、6畳×3部屋の掃除を15分くらいでやってますが、電池的にはまだ余裕がある感じです。20分くらいでフル充電になります。充電池は3年目の今でも元気です。

そして、何より、本体が軽く、取り回しは本当に楽です。ノズルは回転ブラシなどありませんが、軽く、小さく、狭い所に入ります。

makita-cl070d-2

ゴミ捨ては、フィルターついたホコリを手で取り除きます。フィルターは水洗いできるので経済的です。

ちなみに、紙パックモデルもあります。

使ってみて分かったこと

実用性がある事は分かっていただけたと思うので、ここは、あえて短所を挙げたいと思います。

音は、他のハンドクリーナーより若干大きいと思います。

スイッチはトリガー式で、押している間だけONになります。
これはこれで便利なのですが、ONのままロックできたらな~と思うときが時々あります。

充電器が別で、本体から充電池を外して充電します。これがちょっとめんどくさいです。
充電器に電池を刺してない場合にLEDがチカチカする仕様です。これは目障りです。

makita-cl070d-4

あえて欠点を上げましたが、 本当に買ってよかったと思ってます。

タイトルとURLをコピーしました