スポンサーリンク

段ボールで作る 壁掛けメガネホルダー

生活

プラモデルの制作に、老眼鏡と、メガネ型ルーペをとっかえひっかえして使ってるのですが、いつも置き場所に困ります。

いっそ、壁に眼鏡を掛けておけないものかと思い、段ボールで壁掛けメガネホルダーを作成しました。

見て下さい。3個のメガネを壁に掛けてます。すぐに取り換えられるように、畳まずに置けるようにしました。

これを欲しいという方(いないかな?)のために、作り方を紹介します。まず、下の図面をプリントアウトしてください。

プリントアウトした図面を段ボールの上に置いて、図面の線が交差する箇所とか、角の位置に押しピンで穴をあけて、それを目印に鉛筆で段ボール上に図面を写します。段ボールの中空の向きは右側の写真のようにしました(どの向きでも良いと思います)。

外形をカッターで切り抜くとき、写真の赤色の線の部分は、切り込みをいれておきます。青色の線は山折りに、緑色の線は谷折りに曲げます。

折り曲げる箇所は、谷折りの方向から定規を押し付けて形を付けておくと曲げやすくなります。

折り曲げて、図の箇所をセロテープで止めます。

セロテープで止めると、とりあえず形をキープできるので、写真のように合わせ目になる箇所をホットボンドで固めます。

僕はこれを3つ作って、両面テープで段ボールに張り付けて、押しピンで壁に固定しました。眼鏡ホルダーの間隔は4cmあけました。

最後に試行錯誤の残骸。3号機くらいで今の形になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました